小学生の学習法

【中学受験の勉強法】教えすぎると本当に伸びません!

この記事は約 3 分で読めます。

教えすぎると、学力がつかないので、中学受験では不合格になります。

「中学受験をする」と宣言すると、個別指導コースに生徒を回そうとする塾があります。

しっかり教え込まなきゃ!という意識なのでしょうが、これは危険な選択です。

 

たまたま生徒本人の学力が高ければ、それでも成功しますが、もともと無理なレベルから引き揚げようというときには、「教え込む」教育は逆に作用素ます。

 

できない子に知識を与えすぎるとますますダメになります!

塾の業界では、ほぼ当たり前の説になっているのですが、まだまだ認知されていません。

塾でとことん教え込む先生はいまだに存在するし、家で勉強を教えまくる親御さんがいるのも事実です。

 

小学5年生になったら、ご家庭ではほぼ放置でOKです。

 

道具を与え、使い方を説明したら、学習内容については一切教える必要がありません。

塾の宿題を教え込んで完璧に仕上げる必要はありません。

 

ノートやテキストはきれいに仕上がっていたとしても、当の本人の脳内には何も残っていないのですから。

 

「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教える」の精神で!

貧乏な人にお金を惜しみなく与えると堕落しますね。

落ちぶれたら誰かが無条件に助けてくれると、間違った考えを教えるようなものです。

どうしたら、この苦境を乗り越えられるのか、道具を与えて、使い方を教えるのがベストです。

 

家で教え込むのも、教え込む塾もやめて、本当に子どもの学力に寄与する環境を作ってほしいと思います。

 

子供が、問題が解けずに悩んでいるなら、参考書を出させて、似たような問題を見つけるように指示し、全力で読めと言ってください。

子供はそんなにバカではありません。思ったより、自力で対処できます。

 

大人も新しいことに挑戦するのが良いでしょう。

子供の心配で、日々の大事な時間を費やしてはなりません。

そんな暇があれば、大人でも自分のやりたいことに一生懸命になるべきだと思います。

やったことがない新しいことをやるのが良いでしょう。

新しいことをやるには学習が必要です。

そこで学び方のスキルが上がります。

そのやり方を子供に伝えることができます。

 

子供の心配に追われる➡教え込む➡叱りつける➡子どもの学力が低下する

これは悪循環です。

 

好循環に転換するには、大人も思考の転換、習慣の転換が必要だと思います。

 

小学5年生、6年生にもなれば、自分のことは自分でやれでいいのです。

 

 

福井市の学習塾
英心塾
https://eishin-fukui.com/


〒910-00160
福井市大宮4丁目14-18 ストリート大宮ビル1階・2階
TEL:0776-97-9251

体験授業・お問い合わせはこちら