高校生の学習法

【大学受験への勉強法】E判定が出たときにやるべきこと

この記事は約 3 分で読めます。

秋から模擬試験の頻度が増えてきます。

ちょっと前に受けた試験の結果が、忘れた頃に戻ってきます。

 

数値やアルファベットで示された偏差値や判定を見ると、吸い込まれるように見入ってしまい、その判定が悪いものだと絶望感を味わうこともあります。

そんなときに必要な行動についてご説明します。

 

①感情を入れないこと
②判断すること
③行動すること

 

この3つです。

まず、模擬試験の判定で絶望したり泣いたりすることは「バカ」だと思ってください。

模擬であり本番ではありません。ほとんどの人はE判定やD判定で落ち込みます。

直感的に、「ダメだ!」と思ってしまいますが、それは大多数の人間の思考です。

賢い人は論理的に考えます。

論理的に考えないと、不合格予備軍の一人として、このまま不合格への道を歩みますよ。

 

あえて論理思考を発動しましょう。

 

判断してください。

□たとえ第一志望がダメだったとしても別の道を用意しているか
□無駄を徹底的に排除しているか

 

これほど多様化した時代に、一本道しか用意しておらず、それがダメなら全てが終わってしまうような、愚かなルート設定をしていませんか。

大学進学は、手段であり目的ではありません。

たぶん、「こういう人間でありたい」とか「こういうことをやってみたい」とか、目的があるはずです。

一本道で、これがダメなら全部ダメ、というような思考では、今後、人間として生き残れないと思います。

 

無駄を排除してください。

そもそも落ち込んでいる時間が無駄。

たぶん、結構やらなくてもいいことをたくさんやっているはずです。

自分で自分を忙しくしている人がたくさんいます。

こだわらなくてもいいことにこだわっている人もたくさんいます。

他人の意見を無駄にきいてしまっている人もたくさんいます。

 

やりたいことと、やらなくてもいいことを、きっちり分けてください。

 

そもそも最近頑張り始めた人は、すぐに結果なんて出ません。

しばらくは悪い結果が続きます。

人がなんと言おうと、無視して努力を続けてください。

 

落ち着いて判断したら、行動してください。

仮説を立てて、検証して、判断して、また行動してください。

思いつきで動いて、結果が悪かったら直情的に落ち込み、しばらくダメージをくらって行動を停滞させ、また何とか持ち直して、たいして考えもせず、行動する。

この行動パターンは破滅的です。必ず失敗します。

 

欲しい結果にフォーカスして、ゆったり考え、判断し、行動してください。

外野の雑音は無視してください。

福井市の学習塾
英心塾
https://eishin-fukui.com/


〒910-00160
福井市大宮4丁目14-18 ストリート大宮ビル1階・2階
TEL:0776-97-9251

体験授業・お問い合わせはこちら