高校生の学習法

【大学受験の勉強法】国公立二次の英作文を正しく攻略する!

この記事は約 3 分で読めます。

お茶の水女子大学より

 

秋になって、国公立大志望の人はこれから二次対策も本番を迎えます。

二次試験で英語が課される大学を志望する人は、上のような英作文の問題に挑むことになります。

近年よく出題されるのが、条件設定型作文。

つまり自由作文です。和文英訳とは違い、内容も自分で考えて英語で表現します。

 

この手の英作文はどのように対策すればいいでしょうか。

まずは和文英訳をやった方がよい!

いきなり自由英作文を書こうとするのはやめましょう。

まずは、日本語から英語に翻訳する、「和文英訳」の学習から始める方が良いでしょう。

もちろん、高2のライティングでかなり和文英訳をきわめた人は、そのまま自由英作文の対策をしてもOKです。

 

ただし、和文英訳が苦手だという人は、急がば回れで、和文英訳から始めましょう。

英作文の考えを基礎から習得しよう!

「大矢復 英作文講義の実況中継」から丁寧に英作文の技術を学びましょう。

ここで出てくる英作文は、全て書けるようにします。

スタンスとしては、英作文の考え方を知ったうえで、解答例を覚えこみます。

これが終わったら、ドリルとして、「基礎からのジャンプアップノート 英作文 演習ドリル」を使います。

添削してもらうより、解答例を覚えて書けるようにする方がはるかに重要!

添削をしてもらわないといけないと思い込んでいる人がいます。

しかし、添削をしてもらうのは、かなり上達してからでOKです。

初歩の段階では、考え方を学んだうえで、模範解答を暗記する方が重要です。

「大学入試英作文ハイパートレーニング 自由英作文編」で仕上げていきましょう!

仕上げは、「ハイトレ自由英作文」を使って、どんどん練習します。

ここでもインプットを重視します。

話の展開や英語表現など、テキストの内容をインプットしていきます。

かなり自信がついてから、何題か学校の先生や塾の先生に添削してもらうとよいでしょう。

書き方を理解して、英作文に必要な英語表現が蓄積した段階で過去問にも取り組みましょう。

 

過去問は解説が少ないので、参考書などでスキルアップしてから取り組むのがおすすめです。

力がないのに、過去問演習の量をこなしても時間が無駄になってしまいます。

福井市の学習塾
英心塾
https://eishin-fukui.com/


〒910-00160
福井市大宮4丁目14-18 ストリート大宮ビル1階・2階
TEL:0776-97-9251

体験授業・お問い合わせはこちら