中学生の学習法

【中3学力診断テスト】今日の対策授業

この記事は約 2 分で読めます。

中学3年生は、学力診断テストに向けて、5教科の対策を行っています。

今日は13時~16時まで、英語と理科、社会の対策授業でした。

 

英語は、英作文に使える表現特訓でした。

「したいこと」を述べる英作文の型を勉強しました。

英会話にも通じる表現を学んで、テスト対策にとどまらない学習ができたと思います。

 

理科は、「大地の変化」特集。

地震と地層を中心に、入試問題に対応できる知識を確認しました。

柱状図や露頭の問題は、地層が斜めに傾いているパターンは一気に難易度が上がりますが、みんなコツをつかんだと思います。

震源の深さと地震の規模、震度との関係も学びました。直下型地震と海溝型地震の特徴も勉強しました。

火成岩・深成岩は、「リカちゃん、あせって、ゲロはいた」の語呂合わせなども使って、記憶を呼び起こしました。

この分野は私自身も大好きな分野なので、やっていて楽しかったです。

 

社会は、歴史の古墳時代から奈良時代。

日中関係史は出題が多いので、5世紀ごろの東アジアは、略地図でサラッと書けるように何度か練習してほしいです。

飛鳥時代、奈良時代は、日本がひとつの国家として、古代国家から脱却し、誇り高い「日本」として歩みを始めた頃です。

中国や朝鮮に負けないような、「書物」も奈良時代になると作成されています。

古事記・日本書紀・風土記(ふどき)・万葉集などは、日本人による初期の文書記録として貴重な「書物」です。

日本人が、文明人としての歩みを始めた証として、入試でも出題が多いので、きちんと記憶してほしい知識です。

 

もちろん学力診断テストでの得点アップは最重要ですが、単なる知識としてでなく、知ることの愉しさを少しでも感じてもらえたら嬉しいなあと思いながら対策授業をしています。

福井市の学習塾
英心塾
https://eishin-fukui.com/


〒910-00160
福井市大宮4丁目14-18 ストリート大宮ビル1階・2階
TEL:0776-97-9251

体験授業・お問い合わせはこちら