小学生の学習法

福井で中学受験をするならいつスタートするべきか!?

この記事は約 2 分で読めます。

英心塾の中村です。中学受験科を設置して中学受験の研究をしています。

中学受験を考えているご家庭は、いつから準備、対策をすればよいか悩むと思います。今回は、それについて書いてみたいと思います。

 

受験対策だけなら小学5年生から!

学習習慣ができていて、基本的なことは自分でどんどん学んでいける子であれば、受験対策は小学5年生からでよいと思います。

都市部の中学受験であれば、小学4年生からの中学受験コースに入った方がよいでしょうが、福井の受験は都市部の難関私立国立受験に比べて、それほど難易度が高くはないので、時期としては小学5年生からが良いでしょう。

ただし、学習習慣や勉強への興味関心が高いということが前提になります。

 

学習姿勢は小3、小4までに作っておきましょう!

学習する姿勢や、考え抜く力、学ぶ意欲などについては、小3、小4ぐらいまでに育成しておきましょう。本当の意味で「学習」ということになれば、生まれる前からとか、生まれてすぐということになるのでしょうが、いわゆる「机に向かう習慣」とか「ズルをせずに考える癖」という意味での学習習慣は、小4までだと思います。

小学5年生になって、「ただ答えが合えばいい」とか「めんどくさくてやる気になれない」ということでは、受験勉強が全然進んでいきません。つまり、受験対策がそもそも進まないということになりますから、学習姿勢は前提として高めておくことが肝要です。

 

だいたい、5歳6歳ぐらいで、机に向かう習慣が作れればベストなのですが、その時期に子どもが嫌がる習い事を強要することはありません。

8歳ぐらいになって、受験準備コースなどに体験に行き、子どもが楽しいと言うのであれば、そのぐらいから習い事としてやらせていくと良いでしょう。うまくいけば、ずっと続けられて、一生の宝になるような習い事になる可能性もあります。

 

ご家庭の状況も考えつつ、中学受験への準備を進めてみてください。

福井市の学習塾
英心塾
https://eishin-fukui.com/


〒910-00160
福井市大宮4丁目14-18 ストリート大宮ビル1階・2階
TEL:0776-97-9251

体験授業・お問い合わせはこちら