高校生の学習法

【大学受験:英語勉強法】英単語が頭に入って来ない3つの理由

この記事は約 3 分で読めます。

国公立大受験特化予備校COMPASSの中村です。

英単語の暗記ってタイヘンですよね。なかなか覚えられないし、量も半端ないし。

「東進の高速基礎マスターとかいいよなあ」とか、「なんか特別な方法があるんじゃないかあ」とか思ったりします。

でも、英単語が頭に入って来ないのには3つの理由があるので、それが解決できれば結構すらすら頭に入ってきます。

ぜひ参考にしてください。


英単語が頭に入らない理由その① 睡眠が足りていない

意外ですが、勉強法の話以前の話。睡眠が足りていないと、暗記力が著しく低下するんです。逆にシャキッとした頭で暗記をすると結構頭に入ります。

規則正しく生活をして、寝る前にダメ押しの1回暗記をして、朝目覚めたときに復習をする、そして1日の間に何度も何度も復習をする。そうすると1日100単語ぐらい余裕で覚えられます。

 

英単語が頭に入らない理由その② スピードが遅い

覚えられないときって、暗記にスピード感がないんです。

じっくり見る必要はないので、どんどん見て確認して、だいたい20分ぐらいで100語を3周して目で見て覚えていきます。もう20分ぐらいで3回テストします。うろ覚え状態でもとにかく赤シートで隠しながらどんどんテストしていきます。3回ぐらいやると、覚えにくい単語もはっきりしてくるので、それを何度か書いてみたり、単語カードに転記して繰り返し見たりすることで頭に入れていきます。1時間以内に100語ぐらいは余裕で頭に入れるスピード感で暗記しましょう。

1日で100語、200語覚えられると、進度が一気に高まります。1日10個とかチマチマやっていると、反復回数が少ないので必要な語数覚えられません。

スピードをつけて1日に100語ぐらいは楽々覚えるようにしましょう。

 

ただし、1000語覚える場合、1000語を1周した程度では定着しません。

10日で1周したら、もう一度繰り返し暗記していって、最終的には5,6周します。そうすれば2か月程度で1000語覚えられます。5,6周やるつもりで覚悟を決めてやりましょう!

 

英単語が頭に入らない理由その3 英文に触れる時間が不足している!

生活の中に英語が少ないと、英単語も入ってきません。高2のときに気づいたのですが、英単語帳だけで英単語が覚えられると思ったら、それは無理なんです。

簡単な英文でよいので、毎日英語を使う習慣をつけて、そのうえで単語帳を使うとよいです。

高校時代、僕はターゲット1900を使っていました。単語帳だけだとうまくいかない気がしたので、300円で簡単な英文が載っている解釈の問題集を用意して、並行して進めていきました。

そうするとなぜか英単語も頭に入ってくるし、覚えた単語が問題集の中にも出てくるし、英語を使えるようになってきた実感を味わうことができました。

英語は毎日やって、英語を使う習慣を創出してください。

 


 

以上のような感じで、英単語の覚え方をマスターして暗記学習を頑張ってください。

こまかい暗記法などは、学習相談に来てもらえればお教えしますので、ぜひ来てください。

 

福井市の学習塾
英心塾
https://eishin-fukui.com/


〒910-00160
福井市大宮4丁目14-18 ストリート大宮ビル1階・2階
TEL:0776-97-9251

体験授業・お問い合わせはこちら