中学生の学習法

【中学生の勉強法】社会はどうやって勉強するのか?

英心塾の中村です。

 英心塾は、自分に合った勉強のやり方をマスターして、どんどん勉強して、1週間の中で何度も反復しつつ復習を徹底して、テスト前に大量学習をすることで成績をアップしよう!というやり方をとっています。

授業というより、「勉強のやり方」をマスターすることに重点を置いています。

今回は、社会の学習法について説明しようと思います!


社会の勉強法① 教科書をまとめること、学んだことを一箇所にまとめること!

こんなの当たり前、と思うかも知らない。

しかし、かなり多くの中学生が、教科書を読んでいない!大丈夫か?!今の教科書はかなり進化していて、結構読みやすくなっている。教科書は読むべきなのだ。

ただ、教科書だけだと、ポイントがはっきりしなくて、頭が整理しにくいという人もいるだろうから、おすすめの参考書をご紹介しておく。

この2つのシリーズは本当に使いやすい。

まずくわしいのシリーズ。まずポイントが整理されたページがあり、それから詳しい解説がある。確かに教科書より詳しい。

そして、「実力メキメキ合格ノート」。これは、講義テキストを読みながら、先生の授業を紙面で読んで、穴埋め式ノートにどんどん書き込んでいく形式になっている。

歴史であれば語呂合わせも充実。学んだことは、このノートにどんどん書き込んで、情報を一箇所にまとめていくと良い。

「くわしい」に一問一答形式のチェック問題があるので、それを使って暗記すると良い。

 

社会の勉強法② だいたい覚えたら、さっさと問題演習をする!

だいたい覚えたら、すぐに問題演習をするのがポイントだ。

ただし、問題演習にはコツがある。問題演習をするときは、「テスト」の感じでやろう。

テストの前は一応、覚えたことをザっとチェックするよね。だから、問題演習の前に、教科書や参考書をザっとチェックしてからやるのです。

問題演習は、学校のワーク、教科書ワーク、中学定期テストの対策ワークなどがいいよ。

教科書ワークを普段使いして、対策ワークをテスト期間にやればいい。どちらも非常に計画が立てやすい。

 

社会の学習法③ 繰り返し読む!繰り返しチェックテストする!

情報を一箇所にまとめたら、あとは何回も読むこと。参考書も何度も読むといいよ。もう読んだからと言って、読まないのはもったいない。何度も読んだはずなのに、毎回新しい発見があるから。「ああ、そういうことか!?」と知識と知識がつながることがある。

逆に、「あれ、なんかつながりが分からないなあ」と疑問が生じることもある。そういうときは、ネットで調べたり、高校の教科書や、動画講義を見てみるのも良い。

知識がどんどん深まっていくから!

 

社会の学習法④ テスト前に「事前テスト」をするのだ!

これは別に社会科に限った学習法ではないのだが、テストの前に「事前テスト」をしてみよう!

これをやると意外に抜けている部分があるとか、あいまいなまま説明できない事項があるとか、なんか課題が浮き彫りになるはず。それをまた埋めていけばいい。

 

というように、社会はこんな感じで勉強するといい!

社会科は興味を持ったらどんどん調べて、知識を増やしていくといい。単なる暗記科目として、意味もよく分からないことを頭に詰め込むなんて、やり方が古すぎる。

これからの時代、社会は暗記!なんて言ったらもう通用しなくなるよ。

福井市の学習塾
英心塾
https://eishin-fukui.com/


〒910-00160
福井市大宮4丁目14-18 ストリート大宮ビル1階・2階
TEL:0776-97-9251

体験授業・お問い合わせはこちら