【福井の中学受験】高志中の算数問題はちょっと難しめ?

この記事は約 1 分で読めます。

英心塾の中村です。

うちの塾生はみんな算数が大好きなのですが、さすがに高志中の問題はちょっと難しめかもしれません。ただ答えを出すというより、ことばで説明することを求められるので、論理的思考が養われているかが見られそうです。

 

 

これは、中2で習う一次関数ですね。小学生でも難なくできるとは思いますが、まずはグラフの意味が分からないと始まりません。グラフを見て何をどうみればいいのかに気付ける子は大丈夫ですね。

(1)は縦軸を見て目盛りを正確に読み取るだけなんですが、グラフアレルギーの子はきついかもしれません。時間の経過とともに家からの距離が離れていって駅に近づくという意味さえ分かれば全部いけます。

 

2つ目の問題ですが、これは図形の説明問題です。算数が得意な子でも、直感的な解きかたをしている子は説明できませんね。「だってそうなるじゃん!」で終わってしまいます。

記号や日本語を使って、図の中に書き込みを入れながら図示して、ひとつひとつ説明できれば簡単です。

塾では一度じっくり書き方を説明して、ある程度書き方のパターンを覚えさせていきます。そうすると色々に応用できます。色んな問題は出ますが、説明の仕方はそんなに多様なパターンがないので、いくつかみにつけてしまえば大丈夫です。