【高志中学入学者選抜の変更】適正検査に作文はなくなり、「面接」を実施!

この記事は約 1 分で読めます。

英心塾、育脳寺子屋の中村です。

高志中の入学者選抜方法が変わります!「面接」が入るとはビックリです。

作文は単独の適性検査からは名前が消えますが、適正検査ⅠⅡⅢの中で、長めの論述問題で、作文能力を試すようです。

こうコロコロ変わっては、対策のしようがないではないか?!と思うのですが、そもそも適性検査に、「対策」という概念はちょっと違っていて、受かるように無理やり対策するというよりは、正しい勉強をしていってその延長で合格するというのがいいとは思うのですが。

 

面接だから、自分の意思をはっきり伝える、結論を明確に述べる、などという力になるのでしょうから、これは普段の生活で、しっかりと対話をして、相手の言うことをよく聴くとともに上手に自分のことを話すという習慣が必要なんですかね。

 

高志中受験の変更点でした。

現小6年生の子が受験するときからの変更です。

 

➡➡➡【こちらで変更点の確認】