家族旅行はいろんなところへ行きたい! 「旅育」の話

この記事は約 2 分で読めます。

英心塾の中村です。

今回は旅の話です。子供と旅に出るのはとても楽しいことです。せっかくの旅行なので、楽しい思い出をたくさん残したいですよね。

最近よく、「〇育」ということばが言われますが、「旅育」ということばまであるとは。

本も出ています。

「家族旅行で子どもの心と脳がぐんぐん育つ 旅育BOOK」

 

たしかに旅行に行くと普段よりゆっくりと子供と過ごすことができるし、色んな話ができるものです。

とはいえ、僕は旅のプロではないし、「旅育」のプロではないので、ためになるお話はできないのですが。

 

今子どもと行ってみたい場所がいくつかあります。

「ふなばしアンデルセン公園」

このテーマパークは、ふつうのテーマパークと違って、体を思い切り動かしたり、四季折々の花を楽しんだり、動物とふれあったり、アトリエで創作体験ができたり、いろいろな体験ができそうです。

 

「体験型水族館 南知多ビーチランド」

水族館好きとしては、水族館ならどこでも行きたいのですが、ここは「南知多おもちゃ王国」が併設されているので2倍楽しめそう。イルカやアザラシ、アシカとふれあえるのも楽しそう。

 

いろんな場所に出かけて旅行記やアルバムを作りましょう!

実際に色々な場所に行って、様々な地形や生物、建造物を見る体験をしましょう。

旅行記やアルバムにまとめる作業を一緒にやることで楽しい記憶が残ります。そのような記憶が蓄積していくと、将来の学習にも有効なものになります。