子どもと色鉛筆がを楽しむ

この記事は約 1 分で読めます。

塗り絵の効果をご存じでしょうか。年長さんから小学校低学年の時期に、子どもたちは筆圧調整ができるようになり、かなり細かい動きが得意になります。

その時期に、鉛筆画を親子で楽しむのはどうでしょうか。手先の器用さが向上し、学力向上にも効果があります。

この前、娘と一緒にやって楽しかったのが、「色えんぴつでかわいい水の生き物」。

子どもが自分でやれるところはどんどんやらせてみて、どうしても難しいところは親も手伝いと良いでしょう。結構いい感じで描けるし、満足感が高いです。

本と色鉛筆、画用紙があれば楽しめるのでかなり手軽ですよね。