意外に知られていない「そろばん」の効果【新小学生におすすめ】

この記事は約 2 分で読めます。

そろばんにはいろんな効果があります。

①暗算や計算に強くなる

②右脳の発達に役立つ

③集中力がつき落ち着いて物事に取り組めるようになる

 

「暗算や計算に強くなる」

計算は算数や数学の分野における学力向上と密接な関係があります。中学生になると、計算練習ばかりやっていられないわけですから、計算力は就学前、小学時代にしっかりと鍛えておきたいものです。

「右脳の発達に役立つ」

そろばんを見て、指先を使って計算をしていくわけですから、数や計算の段取りがイメージとして右脳に培われていきます。

指先は第二の脳というぐらいですから、指先を刺激するそろばんの算術は、右脳の発達にも寄与するとされています。

「集中力がつき、落ち着いて物事に取り組めるようになる」

例えば、そろばんの技術がみにつかなかったとしても、そろばんをやっていると、集中力がつきます。

これはピアノなど楽器を練習する子が同じように、集中力が高くなるということと似ていると思います。

指先を刺激しながら、普段使わない脳の領域を刺激しながら技術をみがいていく過程で集中力が養われます。

 

以上のように、そろばんは古い算術でありながら、見逃せない効果がたくさんあります。

近年そろばん人気が高まり、幼少期からそろばんを習わせる保護者の方が多くなっています。

 

当塾では、そろばんと育脳を組み合わせ、その年齢だから養われる能力を高めるための教育システムを使って年中さんから学習指導を行っています。

 

たのしく学べる「算数パズル+育脳」体験もやっています。

毎週土曜日10:20~11:00です。対象は、年中さん~小学4年生まで。

小学高学年のお子様の場合は、別途体験会を行いますのでお問い合わせください。