【中学生の勉強法】古文・漢文が苦手な人の勉強法

この記事は約 2 分で読めます。

英心塾の中村です。

今回は古文や漢文が苦手な人の勉強法について説明をします。


古文や漢文は一番基礎から始めれば大丈夫!

古文や漢文は先生に教わるより、まず基礎事項を読んで覚えること。

まず用意して欲しいのが、「高校入試 とってもすっきり古文漢文」です。

これを読めば、基礎の部分は理解できると思います。覚えるべきルール、古文文法、古文単語などがしっかりまとまっているので、これを一通り覚えましょう。

次は、「くもんの高校入試スタートドリルこわくない国語古文・漢文」です。ストーリーが漫画になっているので、まずどんな話なのかが分かりやすくなっています。

見た目は結構ソフトなんだけど、内容はそれなりに本格的なのでやり込めば入試問題も本当にこわくなくなります。

 

そして、中1~中3の教科書の古文漢文の部分を読み込みましょう。教科書には現代語訳が対訳形式になっているので、もとの古文と現代語訳を読み比べながら音読していきましょう。

一通りやると結構慣れていきます。

最低限の古文文法や古語は復習しましょう!

意外に暗記する量は少ないけれど、文法や単語の知識があれば、どんな古文漢文も読める。

一通り学習したら、最初の2冊を徹底的に復習しましょう。そのときに覚えるべき古文文法や古語はしっかりと覚え込みます。英単語を覚える要領で覚えていきます。

絶対に点数をおとしたくない人は、「古文完全攻略63選 【入試頻出問題厳選】 (高校入試特訓シリーズ)」をやると良いでしょう。

 

ここまでやればかなり苦手意識はなくなっているかと思います。あとは入試問題などで慣らしていきましょう。