【高校生の勉強法】長文読解で点数を上げるにはどうするのか?

この記事は約 2 分で読めます。

国公立大特化予備校パスポートの中村です。

今回は英語の話です。模試で長文読解ができないと嘆く高校生がいっぱいいます。「単語分からん!」「何書いてあるか分からん!」「訳せない!」ということですよね。

今すぐやれる長文読解偏差値アップ法をお教えします。

 

つべこべ言わずにターゲット1400をカンペキに覚える!

単語帳は何がいいかと言えば、ターゲット1400です。一日100個ずつ覚えて、一週間で500回してください。2日で復習してまずは1400やり切りましょう。

ターゲット1400は常に携帯します。学校に行くときも、飯食う時も、トイレに行くときも。

ざあっと50個チェックして、何となく覚えたら、赤シートを使って高速テストします。思い出せないときは、サッと見て覚えます。本当に覚えた感じになったら、ガチでテストします。覚えていなかったらチェックも忘れずに。どうしても覚えられないものは単語カードに転記して何回も見てくださいね。

3週間で一通りやれるので、それを5周繰り返すこと。3か月もやればターゲット1400はカンペキになります。

3か月英単語を頑張れる高校生は意外と存在しません。ふつうの高校生は3か月すら頑張りが効きません。だからやり切れる人は大差で勝てるわけです。

 

スクランブル英文法語法Basicを20日でカンペキにする!

読解なのに、なぜ英文法なのか?それは、次の精読の勉強をするときに、英文法が分からないと話にならないから。このスクランブルBasicは頑張れば20日でおわっちゃう。しかも、高2ぐらいの人なら即効性がある。模試で出題されまくる内容ばかり収録されているのです。

 

合格へ導く英語長文Rise 構文解釈1を本気でやる!

この参考書、結構難しい。高2の子なら結構苦労します。文法が中途半端な子は一発でやられます。でもやり切ったらハンパない結果が待っています。

ただし、ちょっと注意。ちょっと難しいのでそんなにサクサクは進みません。だから英文読解量が確保できません。だから、簡単めの長文問題集を併用したほうがいいです。

おすすめは、スピード英語長文のシリーズです。超簡単なレベルでいいので、どんどん読んでいくと効果が倍増します。

 

まずはここまで頑張ってみてください。

確実に偏差値が上がります。