【大学受験の勉強法】数学基礎問題精講とセンター特化授業の効果はやっぱりすごいかも!

この記事は約 2 分で読めます。

英心塾、国公立大受験特化予備校COMPASSの中村です。

予備校を立ち上げて、間もないのですが、さっそく生徒が入塾してきてガンガン勉強しているので、少しずつ成果も出てきています。ちょっとその報告をしたいと思います。


当予備校では月例で実力チェックをしています。今月は英語と数学のセンター実戦問題を使った実力チェックを行いました。

英語はなかなか成果が出にくいことが分かっているのですが、数学でこんなに早く点数が伸びるとは。

数学ⅠAの勉強を4月途中から5月半ばのほぼ1か月でやった生徒がいます。やったのは、数学ⅠA基礎問題精講と毎週木曜日のセンター特化対策授業の2つ。自学自習を軸にしつつ、週1回の実戦演習を行うという形式です。

 

入塾当初の数学ⅠAは、センターレベル45。つまり、センター試験では、40%~50%という水準からのスタート

今回の実力チェックでは、70点越え!80にちょっと及ばなかったぐらい。

こうすれば最短で点数が上がるという想定で、基礎問題精講とセンター過去問を厳選した特別授業で対策を行っています。

まあ、この形でやればある程度の実力があれば(ある程度といってもセンター40レベルでOK)、最短で伸びるとは思っていたけれど、1か月で7割越えとはすごいです。

生徒もすごいし、河合先生の授業力、基礎問題精講の問題集としてのすごさ、3つが一体となった感じでしょうか。

今は数学ⅠA基礎問題精講を終えて、数ⅡBとセンターⅠAのEssential34で次のステップへ進んでいます。

たぶん、また点数アップしそうな予感。まあ、油断せず頑張っていきます。

 

やっぱり自学自習を軸にするとペースがすごく速くなりますね。週1でプロの先生に見てもらいながら、弱いところはカウンセラーに連絡が飛んで、生徒にフィードバックされるから、課題が発見されてからの対策も最速!しかも自学自習も毎週、毎日チェックして、章ごとにいちいち確認テストをしながら習熟度を確認しているのです。

我流でやるより、うちの予備校でしっかりとプロのアドバイスを受けながらやった方が速いですね。

 

自学自習の最適化 ✖ 特別対策授業でのプロ指導 ✖ 毎月実力チェック で最強の受験勉強ができると思います。