【大学受験】リスニングの意外な勉強法

この記事は約 2 分で読めます。

福井市の進学塾・国公立大受験特化予備校の中村です。

今日は10人ほど大学受験生と面談をする予定です。この前相談があった、英語のリスニングの勉強について今回は書きます。もし、あなたがリスニングで悩んでいる場合は、非常に役立つと思うので読んでください。


模擬試験の結果について話をしたときに、リスニングが悪くて英語が良くない、という悩み相談でした。

実は、リスニングについては、非常に重要な学習の手順があります。

 

リスニングは「戻れない」ことを前提で学習法を考える!

結構大切なのは、リスニングの場合、戻って読めないということです。非常に当たり前なんだけど、ここを見落とすと正しい勉強ができません。

 

✅まずは単語や熟語を知っていて、耳でもキャッチできる

✅左から右へスラスラと読める読解力がある

 

この2つを前提にして、耳を鍛えることです。

 

教科書のCDを使って耳で聴くこと・音読をすること!

いきなりリスニング教材に手を出さず、コツコツ語彙力を高め、読解力を鍛え、音読をすることです。

しかし、耳から英語を入れて勉強しておくと後々本格的にリスニングをやるときに非常に強いので、教科書の英文を耳で聴いてある程度英語の音を覚えておきましょう。

 

重要なのは手順です。

✅まずは文法と語彙

✅精読で英語を正確につかめるようにする

✅多読で速読力をつける

✅リスニングや英作文に着手する

 

こんな手順でやるのが効率的です。

僕も高校時代にリスニングができなくて、非常にいらいらとフラストレーションがたまっていたことを覚えています。

でも結局は英語の基礎力そのものがなかったので、土台から丁寧に積み上げていきました。

そんな感じで頑張っていくと必ず成績は上がると思いますよ。