英語が苦手な人向け「高校英文法をひとつひとつわかりやすく」の使い方

この記事は約 3 分で読めます。

この問題集は、特に英語が苦手な受験生の総復習用教材として作られています。

ほぼ初心者でも理解できるよう解説がついているので、高1の英文法をさぼってしまった人や英語が苦手で点がとれない人にはおススメです。

「高校英文法をひとつひとつわかりやすく」の概要

ページ数:150ページ

2周するのにかかる時間50時間

Level:高1~受験準備レベル センター20%~40%未満の人

「高校英文法をひとつひとつわかりやすく」の〇と△

〇良い点

✅解説がシンプルで分かりやすい

✅ポイント解説と問題が見開きになっていてやりやすい

✅音読用のCDがついている

✅単元の構成が学びエイドとリンクしやすい

✅復習テストとして「入試問題にチャレンジ」が使える

△不足している点

🔺解説がシンプル過ぎて分からない点は出てくるかも

🔺問題量が少なめ(「あえて」少ないのですが…)

🔺左の解説をガン見しながら演習すると、覚えない人もいるかも

 

!使い方の注意点!

●まず55項目を1か月で終えるように計画を立てる(1日3項目)

●遅くとも2か月で完成させる

●詳しく知りたいところは映像授業「学びエイド」を受講する

●問題演習を増やしたい場合は、「シグマ基本問題集 英文法」を用意する

●必ず英単語暗記と並行する ※その方が伸びを早く実感できる!

 

使い方の手順

①左の解説をよく読んで理解する

②なるべく左を見ないようにしつつ右の問題をノートに解く

③間違えた問題は、問題番号に×をつけておく

④間違えた理由をノートに書いておく

⑤次の日には前日の復習から(ポイントを読み、×を直す)

⑥単元ごとに「入試問題にチャレンジ」をテストとして演習

※基本的には全問正解で合格

⑦1冊終わったら先生に報告をして修了判定テストをしてもらう

 

このような流れでこの問題集を使ってください。塾に通っていない人は、修了判定テストができないので、「入試問題にチャレンジ」をすべて解いて、9割以上正解できたら合格としてください。

 

まとめ

この問題集は、基礎を固めるものなので、時間をかけずに1か月程度で走り抜けましょう。

英単語暗記とセットでやることで成果を早く実感できます。

「入試問題にチャレンジ」を確認テストや修了判定テストとして使い、完璧に解ききるようにしましょう。

間違えた問題は、なぜ間違えたのか、どういう根拠でその答えになるのか、を理解しながら解きなおしをしましょう。